特集「斧」

ぶった切りましょう

突然ですが質問です。新しいワールドを始めたときに、いちばん最初に作る道具は何ですか?まずは身を守る洞穴をつくるための土を掘るシャベルですか?それとも、速やかにハイエンドの道具を手に入れたいから石を採掘するツルハシ?もしくは、木を集めて素早くほかの道具を作れる…今週の特集アイテムの「斧」でしょうか?

思い起こせば、斧が初めて Minecraft に追加されたのはバージョン 0.31 のとき、2010 年 1 月のことでした。当初は両刃の斧でしたが、その後片方の刃を削除し、のちに削除された刃を戻し、もう片方の刃を削除して現在の姿になりました。ややこしいですね!コンバットアップデートでダメージと攻撃速度の調整という変更はありましたが、斧は何年にもわたってほぼ同じ形状を保っています。

斧を作るには、棒 2 本、木材、鉄か金の延べ棒、丸石、ダイヤモンドのいずれかを 3 個、クラフト グリッドの左上の角に並べる必要があります。

斧は武器としても割と使えますが、いちばんの特徴は何といっても木のアイテムを素早く叩き壊せることです。木の斧で木のブロックを壊すときのスピードは手の倍、石の斧なら 4 倍、鉄の斧はさらに約 30% 早くなります。

ダイヤの斧はスピードの点でいえば鉄の斧をそこまで上回っているわけではありませんが、壊れるまでに鉄の斧の 6 倍以上のアイテムを叩き割ることができます。金の斧はちょっとアイテムを破壊したらすぐ壊れてしまいますが、ほかのどの素材の斧よりも素早く切り刻むことができます。

ダメージの面に関してお伝えすると、ランクによって大きな差はありません。与えるダメージは木と金の斧でハート 3.5 個分、それ以外の斧でハート 4 個分です。攻撃は石と木の斧が最も早いですが、ダイヤと金は攻撃力の回復時間がもっとも短くなります。

まとめると、攻撃のテクニックが完璧なら 1 秒あたりの最大ダメージを与えられるのはダイヤの斧ということになるでしょう。ですが、攻撃力回復メーターが上限に達したその瞬間につぎの攻撃を繰り出すのでなければ、石の斧でもほぼ同様のダメージを与えることができます。

相手が盾を持っている場合、斧はなかなか便利な武器です。斧で盾を攻撃すると、盾が 5 秒間無効になるチャンスが得られるからです。それはつまり、盾の所持者にさらに大きなダメージを与えられる隙が生まれるということです!ダッシュ中に攻撃すればその可能性は大幅に増加します。ですので、盾を持つ敵にでくわしたら自分の内なるバイキングを呼び覚まし、雄たけびを上げつつ斧を高々と掲げて突進することをオススメします!

Minecraft の斧に比べると現実世界の斧の歴史はずっと古く、100 万年以上も前から人類に使われてきました。人類の歴史の中でもっとも長く使われた道具が石器時代の柄のついていない手斧です。人間は約 150 万年前にこれを使って死んだ動物をさばいたり、食べ物や水を求めて土を掘ったり、木を切り倒したり、木の皮を剥いだりしていたのです。また、ときには獲物に向かって投げつけたりもしていました。

柄のついた斧が最初に使われたのは約 6 千年前です。大抵は手斧を木の棒の亀裂に無理やり押し込んだものでしたが、なかには生皮で縛ったり、樺の木のヤニを使って固定されているものもありました。

興味深いことに、使われた形跡が一切無い、凝った作りの古代の斧もたくさん発見されています。そういった斧には何らかの宗教的、または文化的な重要な意味があると考えられます。これは多くの文化に迷信というものがあったという事実に基づく説です。

斧についてもっと語りたいところですが、どこかで話を切らないといけないのでこの辺で終わりにします。もし興味がありましたら、ぜひご自身で調べてみてください。のことが、おのずとわかってくるはずです…。

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...