特集「骨」

骨の不思議

問題です!人体の骨の中で、一番長い骨は何でしょう?ちなみに脊椎ではありません(脊椎は小さな骨が積み重なってできているので)!腰の骨でもありません。実は人体の骨の中で一番長い骨は、大腿骨なんです。大腿骨は、太ももの骨で、人体の骨の中で一番強い骨でもあります。本記事は Minecraft の特集ですので、骨身にしみる情報を、お楽しみあれ!

骨が Minecraft に追加されたのは 2011 年の 1.2 ベータ版です。トウヒ、樺、ケーキ、そしてラピスラズリと共に登場しました。スケルトンはそれより約 1 年半ほど前に追加されていますが、骨が登場するまではスケルトンがドロップしていたアイテムは矢でした。

長いこと、骨を手に入れる手段はスケルトンを倒すことのみでしたが、Java 1.3.1 版では砂漠の寺院でも骨が見つけられるようになり、戦う以外の方法で骨が手に入るようになりました。今では釣りで手に入ることもありますし、チェストにも入っていることがあります。

骨を使ってできることは 3 つありますのでご紹介します。まずはじめに、骨粉の精製です。骨粉は農作物を早く育てるのに役立ちます。1 つの骨から 3 つ分の骨粉を作ることができます。

そして 2 つ目はオオカミを手なづけることです。骨を野生のオオカミに使用すれば、3 分の 1 の確率で手なづけることができます。ただし、敵モブのオオカミに使用しても手なづけることができない上に、重傷を負うリスクがあります。ちゃんと忠告しましたからね!

3 つ目は骨を使って既になついたオオカミの注意を引くことができます。オオカミがいる方向に向かって骨を振れば、オオカミはプレイヤーに向かって走ってきます。かわいいですね! 

そして実は、シークレットの、4 つ目の使用方法があります!それは、ヘルメットとして着用することです。意外ですよね。早速コンソールコマンドを開いて、骨を頭部の防具として装備してみてください。面白いですよ!

現実世界での骨は、ほぼ Minecraft と同じ働きをします。スケルトン(ガイコツ)から手に入れることができ、ワンちゃんたちは骨が大好物。そして、植物の肥料として地面に使用することができます。Minecraft での骨の働きを現実世界に落とし込んだら大体こうなりますね。

さて、ちょっと怖い事実があります。人間は生まれたばかりの頃は 300 本以上の骨があるんです。でも、大人になると 212 本程度になってしまいます。残りの骨はどこにいってしまったのでしょう?実は、残りの骨は他の骨と融合してしまうんです。それか、夜中に骨のお化けがそっと盗みに来るか…。今挙げた二つのうち、1 つだけが本当です!

骨の何がそんなに大事なのか、お分かりでしょうか?骨はとても役に立つものなんです。なんと言っても、骨は人体を支える枠組みですからね。そして内蔵を守る役割も担っています。例えば、脳、心臓、肺などは、骨がつくる空洞によって守られているんです。

でも、それだけではありません!骨は聴覚にも役立っています。耳の中にある耳小骨は 3 つの小さな骨で構成されており、音を脳に伝える働きをしています。骨は血液の細胞を作り出す骨髄ができる場所でもあります。それから骨には体が必要とするミネラルが含まれています。中でも一番注目すべきなのはカルシウムとリンですね。

骨に関する理解が深まりましたね。骨がなければ、私たち人間は聞くこともできなければ、血液細胞を作ったり、カルシウムを蓄えることもできません。著者は血液細胞を作ったりするのが好きですが、みなさんはどうでしょう?ともかく骨に感謝です!

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...