JAVA 版 REALMS に POTATO GAMES とアニメ制作マップが登場!

今すぐ新しいマップやミニゲームを遊ぼう!

我々は Realms 特集ごとに、選りすぐりの楽しいマップを皆様に紹介することを心がけています。大抵は、テンポの速いミニゲームや長くゆっくり冒険できるマップといった、昔から慣れ親しんだ定番のマップを紹介しています。しかし、今週ご紹介する 7 つの新マップのうち、4 つは一風変わった「インスピレーション型」や「体験型」マップです。これらの用語がピンと来なかった方のためにご説明しましょう!Realms のマップメーカーの手引書にかつて賢者はこう書きました:「インスピレーション型マップとは、概してプレイヤーが Minecraft で新しいものをデザイン・創造するよう掻き立て、ひらめきを与えるものである」と。そして一方「体験型マップは定義が漠然としたカテゴリーであり、殆どは目指すべき具体的な目標が定められていないものである。プレイヤーの目的は主に探索、体験、または観察となる」と。はい、これで意味は伝わりましたかね?

さて、あなたがもしマップのクリエイターによる紹介文を読み飛ばす人間であっても(正直、みんなそうですよね?)、心配無用です。なぜならば本日は数々の楽しいミニゲームを超楽しい紹介文で紹介しますので、退屈はさせませんよ!

WINTER HAVEN HOLIDAY RESORT

作: Tumblrr、Enlighten、chunswae

短い夏が終わってしまい、これから何か月にもわたって寒くて暗い冬が到来してしまう事実を伝えるかの如く、Winter Haven Holiday Resort(冬のホリデーリゾート)が登場しました!このマップはリゾートが舞台なので、一見すごく居心地が良さそうですが…あれ?手元にある資料によると、舞台となっている街に何か恐ろしいことが起こったせいで、住人が全員人魚になってしまって街は空っぽのようです。つまり、居心地は悪そうですね。

まあ、Winter Haven にはスキーリフトやホッケーのアリーナなどといった冬らしい施設が満載なので、一人ぼっちで過ごすには最適ですね!街の住人に何が起こったのかを解明しようとするのも良し、行列に並ぶことなくウィンタースポーツに興じるのも良しです!

BIOME RUN 2

作: Supersette、Chumbleweasel、PurpleCrystal02

単語たった 2 つで作品のあらゆる要素を表しているタイトルはそうそうありません。BIOME RUN 2 はバイオームをラン(走る)するだけのゲームです。つまり、一番上手に走り抜けたプレイヤーの勝利です。とは言え、簡単すぎず、本作にはプレイヤーを困惑させるようなバイオームもあり、バリエーションも豊富なので頭をひねる機会もたくさんあることでしょう。空中に浮かぶ足場を飛び跳ねるのに飽きてしまったそこのあなた、水の上に浮かぶ船から船へと飛び回ってみてはどうでしょうか!船のマストから船の外に突き出した板へ飛び、それから島へ、そして 360 度回転して別の船や水中に飛び込もう!激ムズですよ!!

ALPINE FALLS

作: Celisio、b3nj1、zun

インスピレーション型マップで重要なのは休息とくつろぎです。静かな山小屋の中を散策したり、湖の周りを歩いてみたりすると、心動かされないですか?え?されないと?わかりました、それなら再度外に行き、雄大な滝を見てきてください。それか、バレーボールを楽しんでみてください。これで心動かされましたか?これ以上説明文は長くしたくないので皆さんが「はい!」と言ったことにします!このマップの目的は、ただすべてをうっとり眺めることだけです。そして準備ができたら、あなた自身のワールドに戻って、本作のビルドを自分でも再現してみましょう。今まで土の家しか作れなかったあなたも、きっと立派な木の家を作って、友達をアッと言わせられるようになるでしょう!

BIOME BUILDS

作: Theticman, ChildOfStars

こちらは別のインスピレーション型マップです!1 つの記事で複数のインスピレーション型マップをご紹介できるなんて、今週は本当にラッキーです!このマップは様々なバイオームにおけるアレンジ方法の見本誌のようなものです。本作は様々なバイオームの特色を活かしつつも違和感なくそれぞれのバイオームがつながっているマップを作りたい人たちや、パトロール隊に出くわしてクロスボーで撃たれてしまうのが怖くて家の周りから離れられない人にもオススメです。

このマップのクリエイターたちはプレイヤーの皆様に素敵なツールを用意してくれました。マップ内の時間帯を設定してビルドがどんな風に見えるか、簡単に見ることができる機能やリストをクリックするだけでそれぞれのバイオームに飛べる機能です。なお、私たち編集チームが本作で気に入っているオブジェクトは回転する素晴らしい風車です。制作者がどうやって風車を作ったかがまったくわからないですって?それならば、スペクテイターモードに設定して観察してみてください。それでもまだ理解できない場合は、ぜひ YouTube に投稿されている無数のチュートリアル動画を見てみてください。眠れなくなるほどハマっちゃうこと間違いなしですよ!

BUILD ANIMATOR

作: MHF_Trader、Games_or_Whatevr

時に私たち編集スタッフでさえ、村人のように「ハァン?」と首を傾げてしまうほどに高度なマップが登場することがあります。本作 Build Animator もそういった種のハイレベルな作品です。なんと、このマップは Minecraft 上でコマ撮りのアニメーションが制作できる作品です。さあ、合計 20 フレームを作り上げて、簡単な立体アニメーションを作りましょう。前のフレームをコピー・編集するツールや、アニメーションを違うスピードで動かすことができるツールなどが使用可能なこのマップがあれば、著者もようやく有名アニメーターになれそうです… Minecraft の世界の中で、ですけどね!

CASTLE CHAOS

作: The Yeggs Team

多くのゲームの設定でもありますが、本作では荒野の真っただ中に 2 つの基地が相対しています。ルールは簡単。敵基地を奪うことができれば、勝利です。さて、荒野の真っただ中にある基地を奪っても嬉しいかは別として、仲間を集めて、Realms 最新の戦略型陣地取りミニゲームである CASTLE CHAOS で盛り上がっちゃいましょう!  

空中にある浮き島を渡って、敵の基地にある 4 つの塔を攻略すれば勝利となります。本作には仕様を変更できる楽しいキットも搭載されていますが、私からみると、一番クールな機能はゲームマップそのものをカスタマイズできることですね。なんと、どの道を封鎖するかしないかをプレイヤーが自由に決めることができるんです。他のゲームにも同じ機能があればいいのに!

POTATO GAMES: REMASTERED

作: Donisi

ジャガイモにまつわるうんちくです。ジャガイモの 80% は水分で構成されています(ドヤ顔)。おそらくジャガイモとサプリを摂取していれば人間は生きていけるでしょう(キリッ)。私の聞いた話だと、古代の村人はこの奇跡の農作物を通貨として使用していましたが、ある日、腹を空かせた邪悪な村人たちが全部食料として焼いてしまったそうです…たぶん。

今のうんちくが事実かどうかは別として、Potato Games のリマスター版が Realms に登場したことは紛れもない真実です!仲良しの友達と過ごす騒々しい金曜の夜にぴったりなこのゲームは 16 種類のミニゲームのコレクションで、それぞれ長さや笑いのツボが異なります。崩れ落ちる建物内をパルクールしたり、ステージ内にペンキをぶちまけたり、アリーナでバトルロイヤルならぬ「ポテトロイヤル」で対戦したり、などなど。他にも 13 種類の素敵なミニゲームがあなたを待っています。きっと本作をやり込めば、ジャガイモのエキスパートになれるかもしれないし、なれないかもしれません!

さぁ今すぐプレイしよう!

ここまで読めば、きっと既に興奮でいっぱいですよね?Realms に加わった最高の新ゲームをプレイしたくなったはずです!ミニゲーム、キャンプ、アニメーションなど盛りだくさん!もしプレイしたくなったなら、この下のお決まりの 2 段落を読み飛ばして、パソコンにまっすぐダッシュする事を許します!もちろん著者である私としてみれば、あなたがこの記事を読んでも読まなくても、ギャラは変わらないんですけどね。だから遠慮せずに読み飛ばしちゃってください。

これらのようなコンテンツを Java Edition の Realms でプレイする方法に関しては、こちらのヘルプサイトをご確認ください。まだ Realms をお試しになっていない方は、Minecraft: Java Edition のメイン画面の Realms ボタンに青いダイヤモンドが表示されているはずです。それをクリックしてガイドに従えば、30 日間の無料プレイをお楽しみいただけます。

ご自身の作品を Realms やこのブログに掲載してもらいたいという方は、こちらのページで Java Realms Content Creator Program をご確認ください。掲載プロセスに関するご質問のある方は、Twitter リンクから著者にご連絡ください。

Minecraft を引き続きよろしくお願いします!

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...