プライド 2021:コミュニティによる建築

マインクラフトのプライドパレードに参加しましょう!

著者がプライドの祝い方で一番気に入っているのはパレードです。毎年、世界中の人が路上を歩きながら、愛と喜びを讃え合う姿はステキだと思います。しかし昨年同様に今年も大規模イベントの開催は困難なのが現状です。ですが幸い、それは現実世界に限った話です。マインクラフトの世界では各地でプライドを祝う建築が作られています。

コミュニティ・チームのすばらしきメンバー Kristina Horner が、プライドをテーマにした、みなさんお気に入りの建築を募集したところ、たくさんの作品が届きました!こんなにも美しいデジタルなプライドパレードが行えるのは、コミュニティのみなさんのおかげです!ご自身で制作した作品を今後掲載してほしいという方は、FeatureMe@Minecraft.com 宛てにスクリーンショットをお送りください!

それではマインクラフト版プライドパレードがはじまります!

トップバッターは Diamond Community のサーバーによる 3 種類の建築です!

「150 名以上のプレイヤーが参加し、常に成長し続けているサーバーを運営しています。このサーバー内のコミュニティは本当にすばらしい作品を生み出してきました。個人的には人と人を結びつけることに喜びを感じるので、Realms でこのようなことが実現できていることを誇らしく思っています!プライド・コミュニティのみなさんは私たちのサーバーの大きな部分を占めているので、毎年 6 月になると、みんなで派手な花火大会を開催したり、サーバーをプライドカラーで埋め尽くしたりして祝っています。このように祝えることを光栄に思っています」。

続いては Coecoebutter による数々の美しい旗です。この作品のおかげで、パレードで様々な旗を振ったり、拠点で飾ったりすることもできます。

「私 Coecoebutter は、Zedaph Patreon サバイバルサーバー(通称「 Zed-craft 」 )と LGBTQ+ コミュニティの一員です。ご存じの通り、昨年はパンデミックのせいでプライドを祝うのが困難でした。そのため、私たちはいつもとは別の手段でプライドを表現しようとしたんです。当時、マインクラフトではドット絵のアートを作るのが流行っていたので、私はそれに着想を得て、去年のプライド月間とそれからの数ヶ月間で 16 種類の旗を作り上げました」。

続きましては Ian Heffron による、まるで絵画のように美しい虹色の風景作品です。短くもステキなコメントを寄せてくれました!

「風景を虹色に塗り替えるという単純なアイデアですが、時にはシンプル・イズ・ベストですよ!」。

MgameBitInkception、そして KikiYT90 は超巨大なプライドフラッグを作ってくれたので、私たちのパレードは遠くからも見えるはずです。ここまで大きかったら宇宙からだって見えるかもしれませんね!

Pinku Rinku と Bold Muddy によるプライドパレード作品には Minecraft Earth* に登場する虹色の羊をベースにしたテクスチャが使用されています。

「Minecraft Earth とプライド月間の両方に関連している作品を作ろうとした結果、虹色の羊を活用するのが最適だと思ったんです。おかげで、虹色のハチ、キツネ、クリーパーが仲良く戯れる作品が出来上がりました」。

*Minecraft Earthはサービスを終了しています。

Cube Master Ir はマインクラフトのレイトレーシングとクールなカスタム PBR テクスチャを使って、パレードの締めくくりに相応しい、夜をやさしく彩る究極のプライドフラッグを作りました。

すごいパレードでしたね!このパレードを可能にしてくれたクリエイターのみなさんと、数々の美しい旗と建築をまとめてくれた Kristina に感謝の言葉を述べたいと思います。来年のパレードにはどんな作品が登場するのか、想像するだけで既にワクワクしてしまいます。月日が経つのはあっという間ですので、今から来年のプライド作品を考えてみるのもいいかもしれません!

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...