JAVA 版 REALMS のマップ紹介!ダイヤモンドにアイランド!

今回は Java 版 Realms マップのビュッフェならぬ、ユールボードですよ!

本記事では人気シリーズ作品や、新しいサバイバルワールドを始めるに当たってのコツ、そして熟練プレイヤー向けのウールブロックを使う冒険も紹介します。まさにユールボードですね!ユールボードというのは家族や同僚と一緒に食べる毎年お決まりのスウェーデンのクリスマス料理のことです。色々な食事を持ち寄って、好きなだけ取り分けて食べれる楽しいビュッフェ形式の食事のことです(普段は「スモーガスボード」と言いますが、クリスマスの時期は特別で、「ユールボード」と呼びます。アレルギーさえなければ、色々な食事を楽しむことができますよ!)。
もし Minecraft のマップにアレルギー反応が出たら、科学のワールドに自身をスポーンさせて、クラッシュがないか調べてもらってください。それか、今回の 7 つのマップの説明をよ~く読んでくださいね!

MAGMA RUNNER REMASTERED

作: Vertex Creations

長いこと Minecraft をプレイしている人は Magma Runner と聞いて 2017 年に Realms へ実装されたミニゲームを思い出すかもしれませんね。本作を初プレイだという方は、もし迫りくる恐怖に圧倒されてしまったら、TNT 火薬やスピードポーションなどが使えるってことを覚えておいてください!あなたが(そうでなければ、少なくともあなたの友達が)溶岩から逃れられる確率が少~しだけ上がると思います。

DIAMOND DEFENDER 3

作: Vertex Creations and Xisuma

続いての Diamond Defender 3 もシリーズ物の最新作です。ダイヤモンドを防衛することが目的の高速ミニゲームである本作を、初心者の方のために説明いたしましょう。Diamond Defender はフィールド上にいる Minecraft でお馴染みの緑色の気まぐれなアイツらから青色のダイヤモンドを守るのが目的です。あなたがパニックになって走り回っている間、クリーパー、クリーパー ジョッキー (コワイ!)や、TNT 火薬クリーパー(ヤバイ!)、そしてエンダー クリーパー(ワシントン条約により禁止されてるのに!)など、その他の敵モブと対峙することになります。悪いモブたちやボスキャラが次々と襲いかかってきますので、うまく切り抜けて、残りのダイヤモンドを集めましょう!

CONFINEMENT

作: Ty

Minecraft の優れたアドベンチャーマップは本編で学べるスキルを要素として取り入れて、新しく作ったシナリオに上手にはめ込んでいることが多いです。CTM (complete the monument) ジャンルの殆どのマップがそうであるように、本作もマップメーカーがあなたがスポナーに到達してそれを破壊するまでのモブとの戦いや、四方を包囲された状態で食料を育てることなど、一連のチャレンジに挑ませているのが魅力です。このマップでの目的は、秘蔵のウールのブロックを探してモニュメントまで持ち帰ることです。無事に持ち帰ったブロックは世界の境界線を広げてくれるので、さらに遠くのエリアを探索することができるようになります。過去の傑作 CTM 作品やCaptive Minecraft のシリーズの要素もあり、Confinement は Minecraft のアドベンチャーマップの進化系作品といえるでしょう。

FARMSTEAD’S BREEZE

作: ZzLEMONzZ

サバイバルワールドの生成は、多くのMinecraft プレイヤーにとって大事なことです。中には定住したいワールドが見つかるまでも、何十個ものワールドを生成して、そしてそのワールド内で何百時間もブロックで出来たカクカクの世界を掘り回るのが好きなプレイヤーたちもいます。デフォルトのワールド生成を好むプレイヤーもいますが、たまにはワールドを自分でイメチェンするのもいいものです。最初の大変な農業パートは飛ばしたかったり、サバイバル感を楽しむために屋根だけあればいいと感じてるプレイヤーも多いと思います。

Farmstead’s Breeze は仲間と一緒に新しいワールドを体験したい時にうってつけです。舞台は海岸線にある町で、そこには市場の露天が並んでいます。まさに数人の仲間とロールプレイングを始めるにふさわしい設定ですよね。近くに作物が豊富に実っているので、冒険に出かけたい時は食料を蓄えて、近くの山を登りましょう。山頂でキャンプもできますよ。もしデフォルトの地形生成を冒険したいなら、好きな方角を選んで下さい。すると、ものの数分で、慣れ親しんだ Minecraft に戻ることができます。望むらくは新しい作品のアイデアと共に!

CASTLE ISLAND

作: feran, 62h, and Bikesnob

Castle Island(マップ名です。島の名前じゃありませんよ!)は、ちょっとした新しいサバイバルワールドを始めるシンプルな方法です。Castle Island (言っておきますが、マップ名です。島じゃありません)は放棄されてしまったお城と、そのお城の旗がまだはためいている小さな町が舞台となる、ミステリアスな作品です。「町に住んでいたのはどんな人たちだったの?」「その人達はどうしてこの島を放棄してしまったの?」「牢屋から穴を掘って抜け出した脱獄者たちは、いまどの辺にいる?」「物見やぐらからドラゴンの石像へ続く、架けるのにお金がかかりそうなのに不必要に危ない橋があるのはどうしてなの?」…と、あんまり脳みそをピリピリさせるのはよくないですよ!なぜならば、答えてくれる住人はもういませんからね。でも、そのモヤモヤ思考に浸りたい時はいつでも浸っていいんですよ!

FORGOTTEN ISLAND

作: Tomm2000

どこかはるか彼方に、プレイヤーにも村人にも忘れ去られて随分経つ島がありました。「なぜその島には放置された砦と村があるのか?」という類の質問は、あなたご自身で答えを見つけてください!多分、何らかの災害がその文明に降りかかったのかもしれませんし、そうでなければ、超イイ感じのピザ屋が島の隣にオープンした結果、村人たちが集団で脱走してしまったのかもしれません!本作の島はカスタマイズできる地形や木々でいっぱいで、デフォルトから少し変えてみたいあなたに最適な作品です。島はとても大きいので、Minecraft 生活をずっとそこで過ごすこともできてしまいます。某映画のように、ゆっくりと頭がおかしくなる中、バレーボールと友達ごっこをするのがイヤな人は、ボートに飛び乗ればこの世界のまだ見ぬ場所にいけますよ!

ORDINANCE OF THE TROPIC

作: SuchAGod

著者のモニターに映るこの明るいトロピカルなマップは一体何なんでしょう?これはインスピレーションマップとして、プレイヤーが何か新しい物を思いつくように刺激してくれる作品であり、同時に極寒の北欧の地の住人である著者にとっては最高にトロピカルなマップです。

Ordinance of the Tropic のクリエイターに聞きましたが、彼らの意図は、この島にある全てが、その謎めいた背景の一部を構成する、神話的なワールドを作ることだったそうです。プレイヤーのあなたは、難易度高めのビルドや場所を周回して、島のストーリーの細部や可能性を組み合わせてみましょう。イイですね!

これらのようなコンテンツを Java Edition の Realms でプレイする方法に関しては、こちらのヘルプサイトをご確認ください。Realms を遊んだことがない方は、Minecraft: Java Edition のメイン画面の Realms ボタンに青いダイヤモンドが表示されていますので、そちらをクリックして案内に従えば、30 日間の無料プレイをお楽しみいただけます。

ご自身の作品を Realms やこのブログに掲載してもらいたいという方は、こちらのページで Java Realms Content Creator Program をご確認ください。掲載プロセスに関するご質問がある方は、Twitter リンクから 著者(Marc)にご連絡ください。

Minecraft を引き続きお楽しみください!

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...