Minecraft Earth 日記

スウェーデンの凍てつく街並みを、Minecraft の AR ゲームで闊歩しよう!

むかしむかし、Mojang という新進気鋭のゲーム会社が貧しいイギリス人のライターに 1 本の電話をかけ、仕事を与えました。3 年後、その時の過ちを改めるかのごとく、あの電話をとったスマホの上で Minecraft Earth という新しい AR ゲームが動いていました!

本記事を書いている時点で、Minecraft Earth のアーリーアクセス版が 11 の国でリリースされています(あなたの素晴らしい国で遊べるか知りたいですか?Minecraft Earth がプレイ可能な国のリストを確認するにはこちらをクリックして下さい。リストは定期的に更新されていますので是非!)

さて、著者が今まで何をしてきたかというと、皆さんが本作を始めるのに役立つヒントを書き留めたり、泥だらけの豚を探すための冒険に出ていました。

Minecraft Earth を始めて最初にすることと言えば、建物を作るためのリソース集めです。ゲーム画面を開いて、現実世界を歩き回るだけでそれが出来てしまうんです。抜け目なくマップに目を光らせていれば、すぐにタッパブルに遭遇できます!

タッパブルは、プレイヤーのあなたが範囲内にいる時に光る小さなアイコンのことです。をタップすると様々なタイプの木のブロックを入手することができます。ブロックの塊をタップするとブロックやリソースが手に入ります(そして、先に言っておきますが、時々ガイコツも手に入ります…)。チェストをタップすると様々なアイテムやその他の報酬が手に入ります。

タッパブルをタップすることで経験値がもらえて、レベルアップもできます(5 レベルごとに新しいビルドプレートが手に入ります)。ということで、持ち物をいっぱいにして、レベルアップしましょう。範囲内にいるタッパブルをどんどん手に入れたくなります!  

そしてモブを手に入れるためには、お察しの通り、モブをタップします!

Minecraft Earth をプレイしながらストックホルムの街を歩いていたら、知らない小道を進んでいることに気が付きました。とにかく範囲内にあるチェストをゲットしようと進んでいたらこうなりました。用もないのにスーパーマーケットの中に入ったり、壁の向こう側にいる牛さんをタップするために真剣に壁をよじ登ろうと思ったりもしました。そして、いつの間にか映画館にいる自分に気が付いたのです。いつ購入したか分からないチケットを持ちながら。

いやぁ、実に良い映画でしたね。主人公の演技は驚異的でしたし、音楽だって圧倒的でした。まあ、映画は途中までしか観ていませんが。なぜなら、隣の人のポップコーンの中にあるチェストをタップしようとして映画館から追い出されましたから。

そのあと著者は街でタッパブルを探し続けました。スマートフォンに目を釘付けにして歩き回るのはどう考えてもいいアイデアとは言えませんよね。ラッキーなことに、本作ではマップを凝視している必要はないんです。タッパブルが範囲内に現れるとスマホが振動してお知らせしてくれますので。

ただ、イライラするのはスマホが振動して、タッパブルだと思ってチェックすると、実は誰かのテキストメッセージだった時です。例えば著者の上司からの「仕事しなさい」というメッセージだったり、友人からの何気ない連絡だったり。Minecraft Earth で遊ぶ前に通知をオフにしておくことを強くオススメします!そのほうがゲームに集中できますよ!

もしマップ上にビーコンを見つけたら、アドベンチャーに出ることができます!ですが、装備を整えて行くことをおすすめします。入手したいブロックがたくさんあっても、著者はツルハシを作るのをおろそかにしていたため非常に時間がかかってしまいます。また、何も装備していない私は、恐ろしいモブが現れる前に逃げるのが身を守る一番の手段となります…。

そして、えー、 3 日も出社していなかったので、ちょっとオフィスにも寄ってみました!

「Minecraft Earth の記事はもう仕上がった?本当は 3 週間前 締め切りだったよね?」

「Jens のデスクで何してるんだい?」

「私のビルドプレートからリソース盗まないでよ!」

かしましい質問が 私のデリケートな耳に障ります。著者のいとしい同僚たちは、泥だらけの豚を捕まえようとする私の姿が見えないのでしょうか?決して遊んでいるのではなく、この記事を書くために泥だらけの豚を入手しなければいけないわけで...。

とにかく「Tom はクビになるのか」という名のバカげた会議に出席するために、少しの間遊ぶ手を止めなければなりません。すぐに戻ります!

アドベンチャーへ!

ようやく会議が終わり、自分のデスクに戻った著者は本記事を書いて(そしてお菓子を食べて)いたら、突然 Minecraft Earth のマップにビーコンが出現しました!著者はすぐに親友でありライバルでもあるライターの Kelsey Howard のところに行きました。

「Kelsey、見てくれ!」と、彼女の顔にスマホを押し付けました。「オフィスのすぐ外にアドベンチャーが待ってるよ!」。

「Tom、ここは極寒のスウェーデンなのよ」と Kelsey は言いながら著者のスマホを叩き落としました。「しかも今は 11 月よ!」。

しかし、著者は「ノー」とは言わせない男ですので、数分後、Kelsey と一緒に凍てつくような寒さの中、外に出てアドベンチャーのビーコンに向かって歩いていました。Kelsey は寒すぎてプンプンしていましたが、私はこの上なくハッピーでした!さあ、アドベンチャーを始めましょう!

今回は先にしっかりと装備を整えました。信頼できるツルハシでリソースを素早く採掘できますし、があれば、飛びかかってくるゾンビやでっかいクモも倒せます。

Kelsey の指がタップできないほど冷え切ってしまい、著者は 1 人で冒険を続けなくてはいけなくなりました。ゾンビを突き刺し、クモをやっつけ、勇敢にも(?)木を打ち倒し、アドベンチャーを終了しました。アドベンチャーを終了したら、リソースと経験値がたくさん手に入り、ホクホクでした!Kelsey が極寒の中引きずり回されたことについて何を叫ぼうと、著者のテンションは下がりません!Kelsey、寒いならそこの溶岩で手を温めてみてはどうでしょう?あっ、もうどこかへ行ってしまいましたね…。

Minecraft Earth のアーリーアクセス版で遊んでみたいですか?ここをクリックしてあなたの国でプレイが可能かどうか確認して下さい。新しい国が追加されたら、リストをアップデートしますので、記事をお気に入りに追加するのをお忘れなく!

著者:
Minecraft Japan Staff
公開済み

    Block...Block...Block...